toggle
2016-11-16

6年ぶりに東京都庁へ

荒関勇人のメルマガVol.005

◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●◯●

今週は月曜日から、これからのアクティビティを席巻していくであろう、ムーバーというイベントに参加させて頂きました。

自然の中でのコミニュケーションは、文字通り、人工物である広告や無駄なもののない世界で自然体でコミニュケーションも取れるので、人と人と繋がる場には最適だなと感じました。

その後は、東京消防庁を退職した時の手続き以来、6年ぶりに東京都庁へ行き、宅建業の免許申請を出す。

法人の口座開設やら、銀行との面接などをこなして、仕入業者とのミーティングなど。

今回、都庁へ行き感じたのが、
不動産業は免許制の事業なので、国土交通省の方が決めたルールの中で、人の役に立つサービスを提供していくということ。

公務員の時は感じなかったが、官の仕事は目に見えての結果や対価が見えづらい仕事ではあるが、長いスパンで正しい倫理観などをもって、国の運営の一部を担う、高貴な仕事なんだと、再認識させられた。

関連記事